財布を変えて金運アップ記事一覧

現代社会においてお金というのは、水やイメージと同様に切っても切り離せないものですね。そしてお金のきっかけと出口に触るのが財布です。今の自分がお金に対する意識を目に見える外観にしたものが財布に現れてきます。その人の財布を探ることで、お金との付き合い方が、お金についてどんな意識を有するのかがわかります。説を変えると、これから財布を切りかえることでお金接する意識を差しかえることができるということにもなり...

『いる場合を見れば、その人のパーソナリティも頷ける。』と言われます。例えば果報を得ていらっしゃるエリートの内部が、埃物件のようになっているとは思えません。逆に暮らしに迷って混乱している人の在宅が、綺麗にケアが行き届いてありコーディネートセッティングされているというのも仮定できづらいところでもあります。ふさがり、この家屋(在宅)と暮らしの誘因は、財布とお金の誘因ともいえます。自分の財布を見てください...

財布といえば、一般的な成人なら誰でも持っていますよね。ベイビーや悪い子を除いたら小学校も持っています。しかし世の中には財布を持たない人様もいます。そういった方々の金運についてお話したいと思います。財布を持たない人様には2型があります。メチャクチャが付くほどのお金保ちの人様です。個人収益だけで頭数百億円だとかのレベルになれば、いちいちお金を持ち歩きません。こうした人様には付き人がいて、会計を任せてし...

お金を支払う状態嬉しくなるヒューマンはあまりいないと思います。とくに高い注文をして財布を開く状態「あ〜10万円か〜」「できえばこんなに払いたくない〜」と想うこともあるんじゃないでしょうか。でも、この本心が金運プラスに伺うことができない典型的な検討のシステムなのです。お金を払いたくないと想うことは、水の流れで例えると、流れを止めてしまうようなものです。水もリズムがなくなれば腐ってしまいます。お金もリ...

>近所の百貨店やスーパーでレジを控える人たちをみてみると、ほとんどの方がしかめっ面の恐ろしい面構えをしています。無表情だったり、眉間に皺が寄っていたり、口が曲がっていたりなどなど。お金を払う時は、少し怒ったような面構えをしていたりと… 。なかにはお金をやめるように支払う方もいます。そしておつりを感じ取る時も、無表情のまま… 。あなたはどうですか?このあたりにお金に対する扱い方、お金に対するモラルが...

前から何度もお伝えしていますが、お財布というのは、「お金の建物」みたいなものです。 家の場合でもルームが集成コーデされていて綺麗になっていれば気持ちが良いものです。なので、お財布のお便宜、手当ては重要です。基本的にはお財布のミドルの集成コーデを心がけて、丁寧に愛を持って賄うことです。お家に帰ってきたら、自分が決めたお財布のポイントにおきましょう。荷に入れっぱなしにしておいたり、衣服のふところやズボ...

これが、お金に嫌われる財布、7つの原則です!ごちゃごちゃの財布お金とお金ほか(レシートや領収証)のものが一緒にごちゃごちゃになっている。過密の財布観点カードをとりどりため込み過ぎて財布が過密にになっている。ケバケバの財布財布の状態がデコデコと飾り付けすぎている財布になっている。スカスカの財布財布の費用と財布の意義にあるお金が釣り合っていない財布。ボロボロの財布財布を長期使いふるして、汚れたり破れた...

浪費グセのヒトには、共通するお財布の図案があります。その共通する気分とは?『お財布の中に入っているお金が少ない』ということです。これは意外な仕事場かもしれませんが、浪費する傾向が強いヒトほど、お金を持ち歩いていないのです。声色を変えれば、支払に関してカードの拠り所度が高いヒトほど、浪費する傾向が高いということになります。基本的には、自分が持ち合わせるお金の範囲で生計できていれば、生計が破綻すること...

お金保ちで、正に豊かに成功している人の財布の全容は『愛らしい』です!自分の娯楽をしながら、正に豊かに暮らしている人の財布に共通する傾向は、まずは愛らしいということです。お財布そのものもそれなりのブランドのものを使ってますし、お財布の内輪も綺麗にセッティングされています。みんなにみられるような、入れておく必要のない古い領収証が大勢たまっていらっしゃる。期限が切れたタイミングカードをそのまま持ち合わせ...

お金を吸いつける、財布の色ってどんな色??世の中には、『マグレを引き付ける財布』や『宿命を差しかえる開運財布』などいろんな財布があります。しかし、財布の色を差しかえるだけで、あるいは財布に何かのエンブレムを加えるだけで、お金が勝手に押し寄せるという絵空事は存在しません。では、財布の色や特性、話題などは何でもいいのかと言われればそうではありません。大切なのは、私たちの意識にはたらきかけるような色・特...

財布の色と開運伝達財布の色開運伝達暖色チック(黄色、ゴールド、オレンジ、赤)新しいことに挑戦する意欲を後押しして得る。お金の流れが加速して、出入りが激しくなる。真新しい金運の流れを引き込みたい上昇志向のお客にオススメの色。寒色チック(ブルー、紺、紫)計画的にお金との人付き合い。続ける向上心が強くなり、金運が安定するが、大きな変化は憧れにくい。着実に金を成していきたいと思っている、堅実なお客にレコメ...

開運財布のポイントは、裏地です!実は財布選びのときに、多くの人が見逃してしまっていらっしゃる大事な要所があるのです。それはズバリ、『財布の裏地』です!ほとんどの人が財布をプライスやドラフト、ブランド、お話や色・上・口座の回数やお札の出やすさなどの機能性で理解をして購入している人が多いと思います。もちろん、この選定目標は間違いではありませんが、財布を購入するときの精査として、あまり大切なニュースをぜ...

財布の色の報告でも触れたまま、財布には絶対にこの色!というのがコースに、ネタも絶対にこのネタ!という決まりはありません。基本は自分がお金の気持ちになって、いちばん良いネタを選ぶのが良いです。また、財布の色の場合は、個人的な歓迎が含まれますが、財布のネタについては、それほど手強い執着心を持ち合わせる個々は短いでしょう。その中でもオススメするのは、財布に最も適していると言える『牛革』のネタだと思います...

財布の外観は大きく分けると2分類にわかれます。長財布か、それとも2つ折りタイプか!?2つ折りの財布は、コンパクトに保存できて持ち運ぶのには便利です。とくに男性の人間はボトムスのふところに鎮まるとのことで、2つ折り財布を愛用されていらっしゃるほうが多いです。長財布の人物は、傍らに長い取り分かさばってしまうため、携行や保存には不向きなところがあります。小さな包みやふところには静まりきらないというマイナ...

財布の成分や彩り、そしてモデル。上述とともに気になるのが、お札と小銭を1つにやるのか、分けて持つのか、ですね。基本的には自分の好みでいいことです。何処喜ばしい、ここが低いということはありません。ただここで知っておきたいのは、紙幣と硬貨では手間が違うということです。紙幣と硬貨では、お金としての性格が異なります。例えば1万円付箋が『お金のパパ』だとすれば、 5,000円付箋は『お金のママ』、そして1,...

紙幣【大人のお金】と小銭【幼子のお金】は、分けて持ったほうがすばらしいということは、コチラの文でお伝えしました。ただ、大人のお金も幼子のお金も、どちらも大切なお金です。ですから、紙幣である大人のお金だけを特別扱いにして、小銭である幼子のお金はどうでもいいと言うことはよくありません。大人のお金に良いお財布を用意すると共に、幼子の財布にも良いお財布を用意することが大事です。間違っても、小銭をありのまま...

小さい頃、何か欲しい物を買うために、家屋の力添えをしてもらった小銭を貯え容器にためていた想い出をお持ちの方も多いことでしょう。ただまさに貯え容器なのを見たこともないお客もいるかもしれませんし、現在では昔と比べると、硬貨をせっせと貯金している幼子も、きっと少なくなっていることでしょう。こうした幼児が多くなってきているのはよくないことかといえば、一概にそうとばかり言えません。もちろん、小さい頃からお金...

財布を貰うということは、単純に一つのものを手に入れるという事柄だけにとどまりません。財布は、お金の家であり、お金の玄関です。自分のお金に対するメンタルのステップを表す鏡のような有です。財布を切り換えることで、お金の流れががらっと変わってしまう可能性もあります。財布次第で、お金の流れが可愛い経路に大きく変化するようなこともあれば、小さい経路に引っ張られてしまうこともあるので、それらを敢然と考えた上で...

一般的に財布が売り払えるとわたる機会は、年の暮れから新年にかけてです。この時期は、クリスマスお手伝いや新年休みが重なりみんながショッピングにお金を取り扱う機会です。さらに3ひと月から4ひと月にかけての新年度が始まる機会も財布が売れる機会です。単に、立春からひな祭りの機会までに購入した財布のことは『春財布』といわれ、【かける財布】に変わるために、縁起がいいとわたるようです。機能面から見ると、新しい生...

財布を買うときの総計についてですが、『必ずこの値段の財布を買いましょう!』という基準というものはありません。ただし、財布はお金のわが家ですから、わが家を買ったり建てたりすることと同じように、現在の収益に見合ったものにするのは当然のことです。ですから、財布を買う時の目安としては、自分の収益を基準にして、年俸の100分の1ぐらいから1,000分の1くらいのレンジが良いと思われます。例えば、年俸300万...

異国お出かけに行った際を思い出してください。カジュアル見慣れていない外貨を見ると、見慣れて要る日本円や全国荷札と違って「オモチャのお金」に言える点ありませんか?つまり、弊社がそれをお金と認識できることで、お金の真骨頂が見えてきます。ということは紙幣もカードも体裁が異なるだけであって、カードも紙幣と同じように大切にするべきなのです。なので、お金もカードも分けて企てることはありません。同じように丁寧に...

真新しい財布を買ったときに、どれくらいのお金を財布に押し込めるのか・・・それによって財布自身の用量が決定される。というルールがあるのをご存知ですか?真新しい財布は、初々しいわが家、新居のようなものです。そこに最初に乗り物を踏みいれて、一夜をすごすことによって、そのお金の金額が、『新居=真新しい財布のメイン』となるのです。つまり、初々しい財布を購入して、最初に3万円を入れたとしたら、その財布のメイン...

これまでの書き込みでは、財布と財布の意味合いのコネクションについて詳しく話してきましたが、これから導き出される総論は?というと、「財布の中には、なるたけ多くの元本を入れておいた方が良い!」ということです。では、どのくらい財布の中にお金を入れておいた方が良いのか?もちろん、この賃金しか弱い!ということではありませんが要件は10万円です。(10万円以上〜20万円以上でもいいですよ)この10万円という賃...

「財布の中には、いつも新札を入れておいたほうが良い!」あんなコピーを聞いたことがありますが?見せ金の作文のところで、見せ金を閉じ込めるならできれば新札が可愛い・・・と書きましたが、そのメリットについて細かく述べていきたいと思います。単純に、「古臭いお札よりも新札を財布に入れておくほうが、気持ちが良い」からです。誰でもシワシワなお札よりも、折り目がついていないピンピンのお札が入っていた方が清々しく感...

お金というのは、基本的には純粋なパワーを持っています。ですのでお金自体に、可愛いとか腹黒いというのは存在しません。たとえかりにぐちゃぐちゃで汚れているお札だとしても、自分のもとにやってきたら、そのお金自体の美味は何ら変わりません。ですが、前のニュースでも書いたように診療を有するメリットは確かにあります。汚れたお札が自分のところにやってきたとしたら、ほとんどの方は、手早くそのお札を手放したいと思い、...

何度でも言いますが、財布はお金の住宅です。財布はお金を添えるためのものですから、財布にお金以外のものを添えるということは、血統もよくわからない個人をずっと住宅に入れておくと言うことになります。ですが、生活していく上ではお金では無いけれど、お金に類するものが増えていく事は避けられないことも事実です。例えばクレジットカードやキャッシュカード、プリペイドカードなどのカード系を取り掛かり、それぞれのお売り...