毛穴が詰まって仕舞う考え方

バリア効能が壊れると角質細胞からIL-αという報せを伝達する為のタンパク質ですサイトカインが放射され、それがきっかけとなりケラチノサイトを分裂させます(角質階層と表皮を分厚くしてボディーを守ろうとします)。ヘアー包内に常在始めるアクネバクテリアは、皮脂成分のトリグリセリドを遊離脂肪(FFA)に変えます。

こういうFFAが角質細胞日にち脂質の制作組織に組み込まれると、オレイン酸を外用した時と同じように異常なラメラ構造ができ、セラミドなどの角質細胞日にち脂質の制作を抑制し、バリア病状をキープさせます。再度、角質細胞の附着性を亢進させて捲れ辛くするので毛穴がつまるのです。

毛穴がつまると、アクネバクテリアは好脂性(脂が好物)の結果、溜まった皮脂により人数が目立ち、好まん中球と好まん中球先駆け活性酸素(ROS)を付け足し、炎症を有する面皰と上るのです。このため好まん中球先駆けROSを燃やす抗生剤が面皰に有効なことが分かってきています。

毛穴の停滞を放出し、皮膚のターンオーバーを高めるのでケミカルピーリングは面皰にアリです。しかし、年甲斐アクネバクテリアの滅菌・滅菌や過剰な洗顔はバリア効能をグングン悪化させ、お肌の過乾燥を悪化させます。乾燥すると刺激から続けるためにひたすら角質が太くなり(過先化)、毛穴のきっかけがふさがれにきび(コメド)となり悪ローテーションになります。ED治療薬を選ぶならこちらのサイトが参考になりますよ