一般に、皮膚のうるおい(水分体積)は皮脂(ひし)

天然保湿原因(てんねんほしついんし)、角質細胞日にち脂質(かくしつさいぼうかんししつ)という3つの物体によって規定に保たれている。角質階層に保持されている水分の家2~3%を皮脂膜が、17~18%を天然保湿原因、残りの約80%は、セラミドという角質細胞日にち脂質によって守られている。

ところが、上述3つの保湿原因が加齢などの原因で減ってしまうと、角質階層の水分も減少し、皮膚が厳しく乾燥した皮脂欠乏症になる。

また、熱い湯に長くつかる、脱脂勢力の力強い身体ソープでボディーを洗いすぎると、皮脂と角質細胞日にち脂質が流れ出てしまうため、お肌は乾燥します。再度、外気や内部の乾燥も影響します。例えば空気まん中の湿度が50%以下になると角質階層の水分が急激に蒸発しやすくなります。肌のつっぱりを感じた時折、もう肌の水分体積が10%以下になっていることもあり、お肌は他人の環境に非常に影響されやすいという持ち味があります。こういった生活しきたりや暖房の入れすぎなども皮脂欠乏症に患う原因の1つと考えられています。

それぞれの保湿因子の効力を知ってスキンケアに活かしましょう

保湿因子の重要性を上述で述べましたが、次はそれぞれの保湿原因を細かく見てみましょう。
皮脂は水分を保つ大切な膜です

汗と皮脂(皮脂腺から分泌される脂)が混ざり合ったもので、天然のクリームとも言われます。天然の油膜として肌の外見を囲うため、水分の蒸発を防ぐとともに、スレ応戦を切り落とし、外見をなめらかにしています。また、皮脂膜にある脂肪酸によって前後酸性を持ち、バイ菌の繁殖を防いでいる。エステファクトが安く買えるのはココ